スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ひな観察日記 ⑥】低温火傷の反省

先月11月20日~23日の間に生まれた、

4羽のセキセイインコ。

現在も元気に過ごしています!

今日は、雛の「低温火傷」の日記です。

201412216.jpg
12月2日の環境

我が家では、爬虫類用のガラスケースに

小動物用の床材と、「ヒヨコ電球」を設置し、

生まれた雛を育てています。

毎回写真の通り、

「ヒヨコ電球」を下に置いていたのですが、

今回初めて、2羽の雛が「低温火傷」をしてしまいました。

201412214.jpg
その後の環境

その後、ヒヨコ電球を天井に設置し、

ガラスケース内がより暖かくなるよう、

側面をペットシーツで囲みました。

今まで育てた雛達が「低温火傷」をしなかったのは、

偶然だったのですよね。もしかしたら、

気付かない事もあったかもしれません。

反省し、今後ヒヨコ電球は、天井に設置します。

201412217.jpg
ニイ坊の低温火傷 (12月6日)

201412215.jpg
サン坊の低温火傷 (12月6日)

低温火傷をしたのは、

二番目(ニイ坊)と三番目(サン坊)の雛。

2羽とも、ご飯を溜め込む「そのう」を火傷していました。

しかし食欲は旺盛で、元気にねだりに来るので、

このまま様子見しました。

2014122110.jpg
翌日の、ニイ坊 (12月7日)

翌日、ニイ坊の火傷チェックをすると、

赤みが引き始めていました。

食欲、元気もあったので、

引き続き様子見です。

201412218.jpg
翌日の、ニイ坊 (12月8日)

翌日・・・また赤みが引いていました。

食欲旺盛、元気です。

201412219.jpg
サン坊 (12月8日)

サン坊も、赤みがほとんど消えていました。

それから数日後、2羽とも火傷跡が全て消え、ひと安心。

ごめんね、ニイ坊、サン坊。

201412211.jpg
おまけ

雛達がお母さんと一緒にいた、巣箱です。

201412213.jpg
巣箱の中

藁で出来た「皿巣」が入っています。

この皿巣の中で、雛達は生まれ、

お母さんに温めてもらっていました。

お母さんは、雛を育てながら「換羽」もしていたので、

巣箱内には、お母さんの青い羽が散らばっています。

白く見える塊は、雛の糞です。

4羽の子供を一生懸命子育てしていた

お母さん、お父さん、お疲れ様です!

201412212.jpg
おやすみなさい・・・

次回は、写真は少ないですが、

12月5日の雛4羽の写真を載せます!^^

それでは今日も明日も、よい1日を!


次回へ続く。
スポンサーサイト


ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

コメントの投稿

非公開コメント

低温火傷!

湯たんぽや温熱カーペットで、火傷する新生児や高齢者みたいてますね!ほんとに人間みたいです。か弱い生き物、大事にしたいですね。なんだか愛着のような慈しみのような、なんともいえない
守ってあげたい気持ちがわいてきます…。
いつかいちさんて、ほんとにお優しいかたなのでしょうね!また、続報楽しみにしていますね!

SarayoSaijyou様へ^^

コメントありがとうございます^^

今まで雛を育てていて低温火傷をした子がいなかったので、
甘く見ていました。反省です。
ホント、か弱い生き物だと思います。

雛達はとても純粋で無邪気で可愛いです!
これからも、見守っていこうと思います^^

プロフィール

いつかいち 

Author:いつかいち 
インコのブリーダーをしたいと考えています。
現在、愛知県在住です。

ブリーダーするなら、せめて
自分も相手も、良い意味での
「学び」を
得られたら良いなと思っています。

ブログも、100個記事を書いたら、
1つ、誰かにとって役に立てば、
有意義です。

広い視野を持って物事を考え、
そして、
感謝の気持ちを忘れないよう
ブログを作っていきたいです。

よろしくお願いします^^

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。