スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ひな観察日記 ③】テバちゃん、大根のような、お尻

初めて雛から育てた中型インコ、

「オキナインコ」の「テバちゃん」の成長日記。

今週いっぱい、完結まで書いていきたいと思います!

(観察日記残り4回、番外編2回)

よろしくお願い致します^^

taba11.jpg
生後約3週ほどの、テバちゃん

まだまだ赤ん坊の、テバちゃん。

真ん丸した見た目が、可愛らしいです。

taba05.jpg
テバちゃん 「パパちゃま、何するんでしゅか?」

相方が、テバちゃんの顔に、指を添えています。

今から、テバちゃんの「マッサージ」の時間です。

taba10.jpg
テバちゃん 「気持ちいぃ~」 カキカキ・・・

耳や顔の周りを、指で掻いてあげると、

「ケケケケッ」と、鳴きながら、顔を上下に振って喜ぶ、テバちゃん。

taba7.jpg
テバちゃん 「もっと、カキカキして!」

どうやら、マッサージを気に入ってくれたみたいです。

「マッサージ好き」なインコと接すると、

いつまでも「おねだり」されて、大変な時もありますが、

やっぱり可愛い・・・と思います。

taba4.jpg
テバちゃん 「パパちゃま~、パパちゃま~・・・」

taba15.jpg
テバちゃん 「・・・5日で羽が、これくらい生えまちたよ!」

「背中」以外の、「顔、手羽、尾っぽ」の羽が、

すくすく伸びています。

緑の羽、白い体・・・これは・・・

taba2.jpg
下から見た、お尻・・・

・・・はっ、まるで、「大根」みたいだ・・・と、

思ったのは、私だけでしょうか?

人気の「ハムケツ」に乗っかり、

「ヒナケツ」が流行らないかなぁ・・・と、

ふと、思ってしまいます。

taba9.jpg
テバちゃん 「ヒナケツより、テバちゃんの、新しいお家が欲しいでしゅ」

・・・そうですよね、「ヒナケツ」なんて・・・ ヒナケツ・・・。

テバちゃん、ちゃんと後ろに、

「新しいお家」を用意していますよ^^

大きい水槽の中に、中ぐらいの虫カゴを入れました。

中ぐらいの虫カゴが、今日から住む、新しいお家です^^

大きい水槽は、次回のお家であります^^!

taba6.jpg
テバちゃん 「うむ、よろしい。引き続き、精進せよ!」

・・・あ、あれ?テバちゃん・・・^^;

成長したら、急に態度がデカく・・・?

顔が、イタズラ好きっぽい、

「オキナインコ」らしくなってきました。

taba13.jpg
テバちゃん 「次回も、テバちゃんをヨロシクね!」

ここまでのお話で、

ちょうど生後1か月の、テバちゃんになりました。

顔の羽が出てくると、ようやく

インコらしい可愛さが出てくるのではないでしょうか・・・?

あと6記事、テバちゃんの

「成長した証」を残していきたいと思います。

次回もお楽しみ^^


前回までのお話は、こちらをクリックすると、ご覧いただけます^^
第1回 テバテバ、参上 
第2回 手羽先と、ごはん 
第3回 少しずつ成長していた、テバちゃん 

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!
スポンサーサイト

【ひな観察日記 ③】少しずつ成長していた、テバちゃん

少しマニアックな写真集、ひな観察日記、第3弾。

見慣れてくると、愛嬌のある姿に、もうメロメロ・・・?!

主役は、オキナインコの

「テバテバ」こと、「テバちゃん」です^^

ba180.jpg
※成長した、テバちゃん

テバちゃん 「今日も、テバちゃんワールドに、ようこそ~!」 

ba2.jpg
テバちゃん 「パパちゃま、ご飯ちょーだい」

食べて寝て・・・を繰り返す、雛のテバちゃん。

1日、3~4回程の、ご飯の時間です。

ba1
テバちゃん 「いただきま~しゅ!」 ゴク、ゴク・・・

ba3.jpg
テバちゃん 「ぷはあっ・・・!」

ba7.jpg
テバちゃん 「パパちゃま、もう一口欲しいでしゅ~」

テバちゃん、毎日たくさん食べて、お尻が成長してきました。

尾羽が生えている、

尻尾のような「尾端骨」(びたんこつ)も、摘まめそうです。

ba14.jpg
テバちゃん 「ぎゃっ!!」 

相方に、ちょいっと、尾端骨を摘ままれて、

お尻の穴が丸見えの、テバちゃん。

ba4.jpg
テバちゃん 「コラー!ママちゃま!!」 

ち・・違うよ、今のは相方が・・・!

ba5.jpg
テバちゃん 「コラー!パパちゃま~!!」

テバちゃん、小さな手羽をバタつかせて、

荒ぶるインコに・・・。

ご飯あげるから、許してね・・・^^

ba8.jpg
テバちゃん 「仕方ないなぁ・・・許してあげましゅ」

嘴にご飯をいっぱい付けながら、許してくれました^^;

単純なテバちゃんです。

たくさん食べて成長したのは、お尻だけじゃありません。

じわじわと、体も成長しています。

ba12.jpg
テバちゃん 「白いワタワタが増えてきて、気持ち良さそうでちょ?」

確かに・・・白いワタワタが増えてきているように感じます。

若干、尾羽も伸びてきましたかね・・・?

ba15.jpg
テバちゃん 「左のテバちゃん~」

ba16.jpg
テバちゃん 「右のテバちゃん~」

テバちゃんが嬉しそうに、自分の成長を自慢しています。

ba9.jpg
テバちゃん 「羽の軸から、少し、緑の羽が出てきたよ~!」

昨日は無かった筈の、ワタワタや羽を発見すると、

驚きと同時に、

面白くて、ワクワクしてしまいます。

日々、成長している事を実感して、観察せずにはいられません。

ba10.jpg
テバちゃん 「ほっぺからも、少し緑の羽が、見えてきまちた~」

テバちゃんは、「尾羽」が一番早く生えてきて、

次に、ほっぺ、手羽・・・と、順に生えていきました。

セキセイやアキクサ、サザナミ達も、

「尾羽」から生えてきていたので、

鳥って、羽の生え方の順番決まっているのでしょうか・・・?

雛を見るたび、何色のインコになるのかと、

つい、「尾羽」を見てしまいます^^;

ba11.jpg
テバちゃん 「ママちゃま、お家が狭くなってきまちた・・・」

ba13.jpg
テバちゃん 「ほら、狭くなってきたでちょ?」

う、う~ん・・・?

毎日見てるから、違和感がないように感じてしまう・・・。

と、改めて、お迎え当日の写真を見てみると・・・

ba6.jpg
お迎え当日の、テバちゃん

あ、確かに!

同じ虫かごに入っているのですが、

お迎え当日のテバちゃん、小さいですね!

2分の1しか映っていない虫かごの隅に、ちまっと存在しています。

本当、少しずつ成長していたんだと、

改めて実感しました。

ba19.jpg
テバちゃん 「次回も、テバちゃんに会いに来てね!」

これからも少しずつ、テバちゃんは成長していきます^^

次は、今よりも「オキナインコ」らしく成長しています!

少しマニアックだけど、だんだんクセになってくる(?)、

ひな観察日記、次回もお楽しみに^^!


前回のお話は、こちらをクリックすると、ご覧いただけます^^
1話 テバテバ、参上 
2話 手羽先と、ごはん 

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ひな観察日記 ③】手羽先と、ごはん

少しマニアックな、ひな観察日記、第3弾。

主役は、オキナインコの、「テバテバ」こと

「テバちゃん」!

名前の由来は・・・そう、由来はやはり・・・。

て6
テバちゃん 「小さくて可愛いでしゅか?テバちゃんの、お手手は??」

うん!テバちゃん、可愛いよ・・・^^

その、「手羽先」!

そうです、テバちゃんの「手羽先」が印象的だったので、

「テバテバ」という名前になりました!

て12
テバちゃん 「左の手羽~!」

て7
テバちゃん 「右の手羽~!」

純粋で素直なテバちゃんが、

自分の手羽を見せびらかしています。

て11
テバちゃん 「ついでに、おちり!」 ぷりっ

サービスの良い、テバちゃんです。

て4
テバちゃん 「ほら、緑の羽が出てきたでしゅよ!」 フリフリフリッ・・・

少し成長すると、

緑の尾羽が、チョメッと生えてきました。

「尾の先端の骨」というものが存在し、

「尾端骨(びたんこつ)」と呼ぶそうで、そこから、尾羽が生えてきます。

形は、ウサギやトトロの尻尾のようです。

ウサギが尻尾を左右に、プリプリッと動かすように、

テバちゃんも、尾端骨をプリプリッと、左右に動かすので、

とても可愛いです^^

て
テバちゃん 「なんか、亀みたいな背中って、褒められたでしゅ!」

上から見ると、まるで「亀」みたいな姿に見えたのですが、

同じように見える方は・・・いますかね^^;?

て9
テバちゃん 「ホラ、亀みたいに首も伸びましゅよ~」 にゅ~ん・・・

て2
テバちゃん 「すごいでちょ?えっへん!」

テバちゃん、単純・・・。

しかしテバちゃん、1週間位前は、

手羽先からまだ何も生えてきていなかったのに、

いつの間にか、ギザギザした、羽の軸が生えてきています。

成長がとても早いです。

・・・あ、そろそろ、ご飯の時間ですよ・・・!

て5
テバちゃん 「ケケケケケッ・・・!」 

手羽をバタつかせて、「ケケケッ」とねだりながら、

ご飯を飲み込む、テバちゃん。

小さい注射器を口に入れて、飲ませました。

て13
テバちゃん 「おいしーでしゅ!」

て10
テバちゃん 「ゴク、ゴク、ゴク・・・」

長い首を見ていると、

黄色いご飯が、喉に流れて行くのが、見えます。

喉を通り、その下にあるご飯の溜め処、

「そのう」が、どんどん膨らんでいきます。

て3
テバちゃん 「えぐ、えぐ・・・」

て8
テバちゃん 「ゴクン・・・、ごちそーさまでちた!」

「そのう」がいっぱいになったら、ご馳走様です。

後は、次のご飯の時間まで、

ゆっくり眠ってもらいます^^

て14
テバちゃん 「次回も、テバちゃんをヨロシクね!」

可愛いテバちゃんの写真集は、まだ続きます・・・!

こんなハゲな雛も、見慣れると可愛く見えてくる・・・?!

少しマニアックな、ひな観察日記、

次回もお楽しみに^^

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ひな観察日記 ③】テバテバ、参上

ひな観察日記、第3弾です。

第一弾の、アキクサインコ&サザナミインコ ひな観察 ① (←クリックで読めます)

第二弾の、セキセイインコ ひな観察 ② (←クリックで読めます)

に引き続き、だんだん成長していく様子をご覧ください^^

今回は、中型インコです!

teba1.jpg
「はじめまちて・・・まだ、目が見えまちぇん・・・」

生後1~2週間くらいの、雛になります。

目が、まだ開いていません。

teba4.jpg
まるで、人間のような肌色・・・?

成長して、羽が「モフモフ」したインコに比べると、

「ハゲハゲ」の雛は、一見、

「可愛い」とは言い難い姿をしているかもしれませんが、

よーく観察したり、触ったりすると、

「笑ったような表情」をしていて愛嬌があり、

ゴムのような手触りで、

ポテッ・・と、手の中に納まる感じが魅力的(うっとり・・・)

・・・だと、個人的には思っています^^

teba2.jpg
「うぅ~・・・うまく動けないでしゅ・・・」 ぽてっ。

また、雛の全身の「温かい体温」が、

じわっと、手に伝わってくるのも、好きです。

teba3.jpg
「そういえば、自己紹介がまだでちた・・・」

そうでした!自己紹介が、まだでしたね。

彼は、中型インコの、「オキナインコ」 です。

名前は、「テバテバ」。愛称は、「テバちゃん」です。

teba5.jpg
成長したテバちゃんは、素直でヤンチャなインコ

写真右の、緑のインコが、テバちゃんです。

過去の日記 仲良し3羽、記念撮影 (←クリックで読めます)

に、登場しているので、

よろしかったら、覗いてみて下さい^^

teba6.jpg
ハゲハゲの雛が、こんなにモフモフになっていくなんて・・・

20148412.jpg
テバちゃん 「次回も、テバちゃんをヨロシクね!」

テバちゃん、少しだけ目が開いていますね^^

これから、どのように成長していくのでしょうか・・・。


ハゲハゲの雛だって、可愛いんだぞ・・・^^!と、

少しマニアックかもしれませんが、

雛写真いっぱいで書いていきたいと思います。

テバちゃんの成長をお楽しみください^^


ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【タマちゃん日記】1羽と1匹と1人の、ゆるい朝・・・最終回

前回のお話は ゆる朝・・その①  ゆる朝・・その② (←クリック)をご覧ください^^

時間を持て余し、ダラける猫のおチビと、相方をよそ目に、

産卵間近を迎えた、タマちゃん。

go9.jpg
タマちゃん 「卵が産まれそうでしゅ」

キュウウゥゥ、ギュルルルル・・・と、いきむ、タマちゃん。

go6.jpg
タマちゃん 「ハア、ハア・・・」

go1.jpg
タマちゃん 「ううぅ・・・出ない・・・」

時折、首を下に垂らして、苦しそうにしています。

踏ん張るタマちゃんを見ると、見守らずにはいられません・・・。

go2.jpg
おチビ 「母ちゃん、タマが便秘だってよ」

おい、これ!違うし・・・!

go3.jpg
タマちゃん 「また、何テキトーな事を言ってるんでしゅか!」

おチビにブーイングをする、タマちゃん。

go8.jpg
おチビ 「便秘・・・」

タマちゃん 「だから違いましゅ・・・!」

しっかり者のタマちゃんと、おバカなおチビ。

いつか、漫才でもやってみたらどうか・・・と、思ってしまいます。

そうこうしている内に、

タマちゃん、もう卵が産まれるみたいです。

go4.jpg
立ち上がる、タマちゃん

go7.jpg
体をブワッと、膨らましています

後ひと息です!

go14.jpg
タマちゃん 「ふんっ!」

go10.jpg
タマちゃん 「ハッ!」

go11.jpg
ポトッ。

go13.jpg
タマちゃん 「産まれた?産まれた・・・?」

はい、タマちゃん、無事産まれましたよ!

頑張ったね、お疲れ様^^

go12.jpg
タマちゃん 「ふう、今日も1日頑張りました・・・」

go15.jpg
タマちゃん 「ごきげんよう・・・!」 

自分の仕事を終え、立ち去る、タマちゃん。

「おチビ、また寝るでしゅか~?」

と、半ば呆れた目で、おチビをチラ見していきました。

go31.jpg
おチビ 「オイラの仕事は、寝る事・・・だもん・・・」

タマちゃんに取り残された、おチビと相方・・・。

「のんびり時間を過ごす事も、必要だよね」と、言い聞かし、

昼食時まで、ゆる~く過ごす、1匹と1人でした。チャン、チャン。


ここまで読んで下さった方、どうもありがとうございました。

また機会がありましたら、ブログを覗きに来て下さい^^

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【タマちゃん日記】1羽と1匹と1人の、ゆるい朝・・・その②

※前回のお話は ゆる朝・・その① (←クリック)をご覧ください^^ 

布団の上で「産卵モード」に入った、タマちゃん。

その周りでは、

猫のおチビと、相方が、ダラダラしていました・・・。

ma5.jpg
違和感があるような、ないような、1羽と1匹と1人の風景

一つのベットで、場所を奪い合う事もなく、

ただそこに居る感じの、1羽と1匹と1人・・・。

ma14.jpg
タマちゃん 「タマは、これから卵を産むのでしゅ」

卵を産むから、そっとしててね・・・と、

目でアピールする、タマちゃん。

ma4.jpg
相方 「何かしたい・・・でも眠い」

動きたくない、相方。

ma7.jpg
おチビ 「みんな構ってくれないから、暇過ぎて辛い・・・」

ベロンベロン手を舐める、おチビ。

暇過ぎて、渋い表情をしています。

ma6.jpg
おチビ 「ベロン、ベロン、ベロン・・・」

ma8.jpg
おチビ 「ベロ・・・ぐぬぬ、こんな事がしたいんじゃ無いのに・・・」

「何かが違う・・」と、言わんばかりに、

ハンカチを噛みしめるように、拳を噛みしめる、おチビ。

我慢の限界が来ましたか?

ma11.jpg
おチビ 「・・・」

ma10.jpg
おチビ 「えい、えいっ」

スマートフォンを弄る相方の眼鏡を

チョイチョイ突いて、

「構ってアピール」を始める、おチビ。

相方に気持ちが届くと思いきや・・・

ma12.jpg
相方 「コラ!」  ビシッ、ビシッ

ma13.jpg
おチビ 「・・・」

相方に気持ちは届かなかったようです^^;

「すまーとふぉん」の何が面白いのさ・・・と、

猫のおチビは、相方の行動に「ちぇっ」と、舌を鳴らします。

ma2.jpg
おチビ 「オイラ、父ちゃんに叱られちゃった~」

叱られたことを、タマちゃんに報告する、おチビ。

タマちゃん 「もう・・・謝った方がいいんじゃない?」

おチビ 「え~、う~ん・・・わかった」

結構流されやすい、おチビです。

ma3.jpg
おチビ 「父ちゃん、ごめん・・・って、寝てるし!」

謝る為に振り向くと、相方は、スヤスヤ寝ていました。

おチビも、タマちゃんも、

「おいっ!」とツッコミを入れています。

そんなこんなで、時間は過ぎていき・・・

ma9.jpg
タマちゃん 「・・・あ!タマの卵、もう少しで産まれましゅ!」

タマちゃん、ここにきて、産卵の兆しが・・・!


次回へ続く。

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【タマちゃん日記】1羽と1匹と1人の、ゆるい朝・・・その①

とある休日の朝。

タマちゃんが産卵する為、愛用の産卵部屋へ向かいました。

ta9.jpg
タマちゃん 「お邪魔します」

タマちゃん、必ず「ベッド」の上で産卵します。

ta10.jpg
タマちゃん 「あ、パパちゃま!おチビもいるでしゅか・・・?」

ぐて~・・・と、寝そべり、スマートフォンを弄る、相方。

同じく、ぐて~・・・と、寝そべっている、猫のおチビ。

これじゃあ、気が散って産めないだろうと、

1匹と1人に、移動してもらおうと思ったら・・・

ta1.jpg
タマちゃん 「まぁ~、いいか」

タマちゃん、相方とおチビを気にも留めず、

いつも通り、布団の上へ直行しました。

おチビは、タマちゃんと遊びたそうにしています。

ta2.jpg
タマちゃん 「どの位置が、落ち着くかなぁ・・・」

落ち着いて産める「位置」を探している、タマちゃん。

おチビ 「・・・遊ばないの?」

ta3.jpg
タマちゃん 「この位置に決めたでしゅ」

タマちゃん、おチビを無視して、

ここから暫く、産卵モードへ。

タマちゃんが動かないので、おチビ、暇そうにしています。

ta4.jpg
おチビ 「う~ん、暇だなぁ・・・」

ta6.jpg
おチビ 「暇だなぁ・・・ペロペロ」

ta7.jpg
相方 「ほら、よしよし・・・」

おチビが「暇」をアピールするので、

相方、起きておチビを撫でてあげました。

しかし、それも数秒しか続かず・・・

ta8.jpg
相方 「はい、終わり」 コテン・・・。

おチビ 「遊ばんのかい・・・!」

おチビの目が、遠くの方を向き始めてしまいました。

時間はダラダラと過ぎていきます。

ta12.jpg
おチビ 「・・・・・・」

ta11.jpg
おチビ 「・・・眠い・・・」

ta5.jpg
し~ん・・・

見ている側も眠くなりそうな光景が、出来上がりました。

1羽と1匹と1人の、ゆるい朝は、

まだ、始まったばかり・・・。


次回へ続く。

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【とり関連】こんぱまる名古屋店に行ってきました・・・その②

久々に、「こんぱまる名古屋店」に行きました。

記憶が鮮明なうちにと、連投させていただきましたので、

インコ好きな方、興味を持たれた方は、

前の日記、

こんぱまる名古屋店に行きました・・・その① (←クリック)

も、合わせてご覧いただけると、嬉しいです^^

こんぱまる12
生体コーナーには、様々な種類のインコがいます。

インコのいる「カゴ」が、ズラリと並んでいます。

ご飯の時間になると、ギャーギャー叫んで賑やかに^^;

こんなにカゴがあると、掃除が大変だろう・・・と、思うのですが、

ちゃんと、掃除しやすいような「工夫」が施されています。

よく見ると、棚の上からカゴをぶら下げて、その下に、新聞紙を敷いています。

う~ん、賢い!!これなら、毎回の糞処理も簡単ですね!

こんぱまる25
「オニオオハシ」がお出迎え。

インコではなく、サイチョウの仲間の、「オニオオハシ」もいます。

大きな嘴で、相方の指を

「甘噛み」して飲み込もう(?)と、頑張っていました^^;

大きく長いクチバシに似合った、とても長い「舌」を持っています。

薄くて細い、プラスチックのような舌で、先端がギザギザっとしていて、

つい、噛まれている事を忘れて、見入ってしまいました。

こんぱまる7
今回私の中で、一番胸躍った、「ズアカハネナガインコ」。

背中を向けて、他の鳥を見ていたら、

「口笛の真似」をして、気を引こうとしていた、

「ズアカ ハネナガ インコ」。

呼ばれて来てみれば、「頭をかいて~!」と、

金網越しに頭を差し出す、とても懐っこいインコでした^^

こんぱまる3
「頭をカキカキして欲しーです!」

頭や、耳の辺りをカキカキすると、

気持ち良さそうに目をつむり、うっとりしていました。

触っている私も、うっとりです。

こんぱまる4
こんぱまるは、オカメインコが多い?

こんぱまる11
オカメだらけのスペース。

人気のオカメインコ。こんぱまるには、オカメインコが多い印象です。

一番人気は、白オカメ(ルチノー)。

白と薄黄色の体に、オレンジのチーク・・・可愛いですね^^

こんぱまる15
ウロコインコたち。

私は飼った事がなく、詳しくはないのですが、

色鮮やかな、ウロコインコも素敵だと思います。

私は、一番右のパイナップルカラーに、つい視線がいってしまいます。

こんぱまる14
一番奥のコーナーには、雛がいます。

こんぱまる2
雛を虫かごで保温して、温湿度管理もバッチリ?!

時期によっては、雛が居ない事もありますが、

居る時はちゃんと、専用のスペースで、雛を育てています。

雛の時は、温湿度管理は大切ですね。

健康に育って、優しい飼い主様の所へ、迎えられて欲しいです。

こんぱまる21
相方の一押し、「シモフリインコ」

見た目は地味な配色をしていますが、

大人しくて愛嬌があり、相方がずっと、うっとりしていました。

それを見た店長様、シモフリインコ2羽を出して、触らせてくれました^^

こんぱまる18
相方 「おいでぇ~(ニコニコ、ニコニコ)」

こんぱまる27
相方 「捕まえたぁ~(ほっこり)」

シモフリインコ・・・ちょっと相方の手に、抵抗してませんかね?

でも、カゴから出して撫でると、うっとりしていたので、一安心。

こんぱまる10
「「ニギコロ」だって、ヘッチャラでしゅ!」

馴れないと嫌がるであろう、握ってコロンさせる、「ニギコロ」。

その愛嬌ある姿に、

相方の心も、コロンと転がされています・・・。

こんぱまる
持ち帰りそうな勢いの、相方。

インコが人に甘えたりするのを体験すると、

その意外性に、感動してしまいます。

愛情深く、遊び好きで、賢い・・・

接すれば接するほど、鳥の「奥深さ」に魅了されてしまいます。

こんぱまる6
こんぱまるから巣立っていった、鳥たち。

こんぱまるは、全国に数か所あるので、

鳥に興味を示した方は、

一度、こんぱまるに立ち寄って、

インコやオウムと触れ合う体験をするのも、

良い思い出、新しい世界が見えてくるかもしれません・・・^^


今回、お店の写真を撮らせてくれた、店長様に感謝です!

また、遊びに行きたいです。

そして何より、

「やっぱり、インコっていいなぁ・・・」と、実感する、良い1日でした。

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【とり関連】こんぱまる名古屋店に行きました・・・その①

久々に、「こんぱまる名古屋店」に遊びに行きました。

いつも明るく、優しい雰囲気の、若き店長様に許可を頂き、

店の写真を撮ってきたので、2回に分けて紹介したいと思います^^

こんぱまる13
お店の看板。

こんぱまる9
お店の入口。

こんぱまる19
お店の玄関。

小さいお店の中は、複数のインコと、

鳥に関する商品が沢山置いてあります。

個人的なお気に入りは、お店の「清潔感」。

綺麗な店内と、空気の良さに、居心地が良くなります^^

こんぱまる17
玄関の横を見ると、早速インコが。奥には、鳥に関する本もあります!

カウンターのある空間には、

鳥に関する飼育書や、インコ雑誌、洋書まであって、

つい、買い揃えたくなります。

こんぱまる5
インコに関する雑貨も、色々あります。

ぬいぐるみや、キーホルダー、コップ等が置いてあり、

「可愛いもの」が好きな方の心をギュッと、掴みそうです。

こんぱまる23
ご飯入れも、多数揃ってます。右には、藁のオモチャも。

鳥に使える、「ご飯入れ」も充実しています。

必要に応じて、使い分けしたい時に、

商品が充実していると、有り難いです。選べる贅沢・・・ですね!

藁グッズは、噛むのが好きなインコやオウムに、好評そうです^^

こんぱまる20
潜るのが好きなインコへ・・・インコ用テントはいかがでしょうか?

ラブバードや、サザナミインコ、中型インコ等々・・・

テントで寝ているインコの姿は、とても可愛いです。

手芸の得意な方は、手作りテントで寝てもらえたら、

嬉しいだろうし、より可愛く見えるかもしれませんね^^

こんぱまる24
インコ用のオモチャが、たくさん・・・!

好きなパーツを選んで、自分で繋げて、

オリジナルのオモチャが作れそうな、細かいオモチャも売っています。

もちろん、完成されたオモチャ、ブランコ、止まり木、はしご等、

お馴染みのオモチャも沢山あって、楽しく見れます。

こんぱまる16
サプリメントや、ボレー粉、塩土などの、副食コーナー。

「ネクトン」シリーズや、海外の商品がズラリ。

説明POPはありますが、よくわからない時は、

店員さんに聞くと、より詳しく教えてくれます。

「水浴び用の水」なんかも売っていて、

ホント、いろんな商品があるなぁ・・・と、感心してしまいます。

こんぱまる22
多種多様のペレットが、ズラリ!

い、一体、どれを選べば良いのだろうか・・・^^;?

なんて、悩んでしまう位、色んなペレットがあります。

でも、「お試し用」の、小分けしたペレットも売っているので、

気になったら、試してみるのが良いかもしれません。

買ったのに、食べてくれなかった時の「切なさ」は、

最小限に抑えたいところです^^;

こんぱまる8
カウンターの前にいた、ヨウムちゃん。

今回は、お店の商品を主に書きました。

綺麗な店内に、たくさん商品があると、見るのも楽しいです。


次回は、生体コーナーでの話を書きます!

鳥がいる空間って、癒される・・・^^



ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【訂正】昨日の日記の件

読んでくれた方がいらっしゃるので、

昨日の日記の訂正をご報告します。

たいした事ではないのですが、

カテゴリ名を「タマちゃんと思い出」にした事、

軽いノリでサクサク書く予定のところを、

少し軽いノリを含めつつ、しっかり書いていこう・・・と変更しました。

日記内の文章も、微妙に修正しました。


昨日の日記を読んで下さった方、どうもありがとうございます。

また、機会がありましたら、読み返して下さると有り難いです。

本当、微々たる修正だと思いますが^^;

これからも、よろしくお願い致します^^

tama.jpg
鳥が好き!という気持ちを大事にして、日記を書いていきます^^

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【タマちゃんと思い出】タマちゃん、孵化する

我が家の名古屋コーチン、タマちゃん。

昨年12月に、手動孵卵器「ぴよたま」から生まれました。

元気な女の子です!

T2.jpg
生まれる前の卵

人から10個、卵を頂き、

6個暖め、2個が有精卵でした。

残り4個は、美味しく頂きました。ご馳走様です^^

ヒヨコの卵を孵化させる工場、「孵化場」では、

多少時間の誤差があっても、21日で生まれます。

タマちゃんは、24日目に生まれました。

私は諦めかけて、捨てちゃおうと思ったら、相方に止められ、

無事、孵化した次第であります・・・^^;

卵に「白い物」が映っているのがわかりますか?

これは、タマちゃんが中から殻を突いて、卵から出る為の行動、

「はし打ち」を始めた時の写真です。

卵の中からも、「ピヨピヨ・・・」って声がして、

見ているこちらが、「頑張れ~!」と、力んでしまいます。

T11.jpg
タマちゃんの後ろ姿

深夜3時頃が、孵化予定時刻だったので、

生まれる瞬間が見たくて、起きていたのですが、

睡魔に負け・・・寝てしまいました。

起きた時には、濡れた体で「ピヨピヨ」鳴いている、

愛くるしい、ヒヨコの「タマちゃん」がいました。

ガーン!生命の誕生をこの目で見たかったのに・・・^^;

その後、濡れた体の写真を撮らなかったのですが、

その理由が、私がかなり昔、ヒヨコの雄と雌を分ける、

「鑑別師」の世界に身を置いていた事があり、

ヒヨコが見慣れた存在だったから・・・というもの。

「あぁ、久しぶりに見たなぁ」・・・位にしか思わなかったのです。

今思うと、ちょっと(だいぶ?)後悔しています^^;

T3.jpg
ふわふわの、タマちゃん

羽が乾くと、お馴染みの「ひよこ」の姿になります^^

声も可愛らしく、「ピヨピヨ・・・」。

今みたいに、「コッコッコッ・・コケーーッ、コォッ、コッコッ・・・」

とは・・・まだ鳴きませんよ~!ピヨ、ピヨ・・・。

・・・因みに、もう1個の有精卵は、

成長が途中で止まってしまう、「中止卵」になってしまいました。

生まれたてで、足がおぼつかないタマちゃんが、

卵に寄り掛かったり、蹴飛ばしちゃった・・・からかな?

数日様子を見ましたが、駄目でした。


新カテゴリ「タマちゃんと思い出」は、

数少ない、幼少期のタマちゃんの写真をかき集めて、

たまに真面目に、成長日記を綴っていこうと思います。

よろしくお願いします^^


ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【PBFD・グレちん日記】緊張の換羽、「羽チェック」

大型セキセイインコの「グレちん」は、

今は何事もなく、元気に過ごしていますが、

「PBFD」という、病気を持っています。

免疫力が落ち、羽が抜けたり、嘴に異常が出たり、

二次感染で命を落としてしまう事があります。

そんなグレちん、最近また、

緊張の「換羽」時期に入りました・・・・・・。

とや6
去年のグレちん、換羽中

PBFDの症状の一つ、「羽の異常」。

そこに「換羽」が加わると、去年の私は、今より緊張していました。

普段から、羽がポロポロ抜け落ちるのに(現在はそのような症状はありません)、

まだ、生え変わる為に抜けるんかい!

換羽の時期は、体力も使うだろうに・・・。

体重落ちるだろうか?

また、AGY(真菌による胃炎症状など)再発したら嫌だなあ・・・。

しっかりタンパク質摂らせないと・・・。

羽の処理が更に大変だ・・・。

などなど、悩みの種が付きませんでした。

そして、「今回の羽」はどんな形だろう・・・?と。

羽軸
去年のグレちんの、羽の形

去年の私は、すぐ羽を捨てていた為、悪い時の羽写真がありません。

手書きでの説明になりますが、写真を見て見たい方は、

ネットで検索すると、

他の方が撮影されている写真が、見れるかと思います・・・^^

グレちんの羽は、

羽軸がねじれたような、潰れて広がったような形をしていて、

ねじれた軸が黒っぽい色で、軸の先端に血斑がありました。

また、羽の一部が、異常に長く伸びていたのが、特徴でした。

いかにも異常な羽の形に、「PBFD」の脅威を感じました。

とや12
現在のグレちんの、羽の形

つい最近の、グレちんの羽です。

見た感じ、普通の羽になっています。

羽の軸も真っ直ぐで、軸の中に血斑などの混じり気もなく、

以上に伸びた羽もありません。

・・・ずっと、この形を待っていたのだよ、グレちん!

とや9
グレちん 「どや?」

「見た目」が普通の羽になるまで、1年ちょっとかかりました。

「よくここまで頑張ったね、グレちん」

と、褒めてしまいます。

とや3
グレちん 「どや!!」

もう数か月様子を見て、異常がなければ、

PBFDの再検査をしてみようかな・・・と、思っています。

これで、「陰性」ならば、

「PBFD・グレちん日記」も、無事完結させられそうです。

とや2
グレちん 「フフッ、どや?」

体が元気になってから、随分とお調子者になりましたね、グレちん^^

とや10
グレちん 「またね~!」

毎回緊張の、「換羽」の羽チェックですが、

今回、思った以上に、綺麗な羽になっていたので良かったです。


これからも多少、「換羽」の時期は緊張すると思いますが、

グレちんを信じて、二人三脚で

完治に向けて、ベストを尽くしていこうと思います。




ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【趣味・雑談】ブログタイトルに、画像をつけました! 

ブログタイトル画像2
「インコのせんきち」のタイトル画像、第一号!

相方に、

「ブログのタイトルに、画像を付けたらどうか?」

と、提案があったので、作ってみました。

プロではないので、荒々しさもありますが、

なんか、「インコのブログ」なんだな・・・と、

一目でわかる感じになったかな?と、思います。

ブロタマ5
タマちゃん 「これを機に、定期的に画像を更新できましゅね!?」

ブロタマ3
タマちゃん 「・・・何でしゅか、このデスクトップの背景は・・・」

今回は、撮った写真を数枚並べただけの、単純なタイトル画像です。

でも、これを機に、だんだん慣れていったら、

作るのが楽しくなるかもしれませんね^^

ブロタマ2
タマちゃん 「物語を想像できるような、画像作ってくだしゃい!」

ちょっと動きをつけて、「物語」になるような、写真の並べ方をしたり、

「並べたタイトル画像」の鳥たちの日記を書いたら、

またタイトル画像を更新するとか、

色んな発想で、タイトル画像を更新できたら、面白いかも・・・?

なんて、妄想しています^^;

ブロタマ6
タマちゃん 「猫もいるから、いつか猫の画像も付けるでしゅ」

ブロタマ
タマちゃん 「ホントは、タマちゃんの写真をいっぱい載せて欲しいでしゅ」

タマちゃんも、メインでタイトル画像を飾りたいですか?

でも、ブログタイトルが、「インコのせんきち」、「たまにタマちゃん」なので、

画像のメインはやはり、「インコ」じゃないかなぁ・・・?

でも、タマちゃんは沢山活躍してくれているから、

いつか、メインでタイトル画像を飾りましょうか・・・!

猫は「おまけ」で、いつか載せましょう・・・^^

ブロタマ4
タマちゃん 「これからも、タマちゃんをヨロシクです!」

引き続き、「インコのせんきち」をコツコツ作っていきます。

100個日記を書いたら、どれか1つ、

誰かにとって役に立ったら、有意義です。

これからも、よろしくお願いします^^

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ひな観察日記 ②】ヒナコは巣立ちましゅ! 【最終回】

去年生まれた、セキセイインコの雛、「ヒナコ」。

セキセイインコの両親と、ボタンインコのお母さん、人間・・・と、

色んな種族の者たちに育てられ、

無事、元気に巣立ちました。

ひなこでしゅ
ボタンインコの「ボンボン」、セキセイインコの「ユウ」

しっかり者の、セキセイインコの「ユウ」と、

ユウの事が大好きな、ボタンインコの「ボンボン」。

2羽が、ヒナコを外部から守り、大切に育ててくれました。

ヒナコで主2
人の手で育てられ始めた、ヒナコ

2週間くらいして、ヒナコは、人間の手で育てられました。

すぐ、人との生活に馴染み、ご飯をねだり、

元気に成長していきました。

また、成長につれて、「白い羽」の部分が多くなり、

両親とはまた違った、綺麗なインコになりました。

お父さんの「シモン」と比べてみましょう・・・↓

ひなこでしゅ3
お父さんの「シモン」です。(若かりし頃)

ひなこでしゅ7
「ヒナコでしゅ」

ひなこでしゅ2
お父さんの「シモン」です。

ひなこでしゅ6
「ヒナコでしゅ」

ひなこでしゅ8
お父さんの「シモン」です。

ヒナコで主
「ヒナコでしゅ!」

ひなこでしゅ4
おまけ:お母さんの「ユウ」と、「ボンボン」です。

いかがでしょうか?色の違いが、わかりやすいかと思います。

2羽とも、惚れ惚れするくらい、綺麗です。

我が家のセキセイは、青とグレーしかいませんが、

原種の緑色や、色変わりの黄色、白など、

カラーバリエーション豊富なセキセイインコは、

とても魅力的だと思っています^^

ひなこでしゅ5
ヒナコ 「お母ちゃま、ヒナコを育ててくれてありがとう。
      お父ちゃま、こらから毎日一緒に遊んでね」


現在ヒナコは、お父さんの「シモン」や、

その他、オスのセキセイインコ達と暮らしています。

小屋の中はまるで、「男子会」です^^;

お母さんの「ユウ」と「ボンボン」は、相変わらず

2羽で仲良く暮らしています。

ヒナコが巣立ったことで、

それぞれが新しい生活を始め、それに馴染んでいきました。


出会いがあれば、別れもありますが、

これからも、前を向いて生きていくであろうヒナコを

陰ながら見守り、応援していこうと思います。


ヒナコの成長日記は、

カテゴリ【ひな観察日記 ②】に置いてあります。

また、機会がありましたら目を通してみて下さい^^

これからも、真面目に、時に面白おかしく、

「インコのせんきち」を作っていこうと思います。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【うちのインコ】里親で迎えた、キンカチョウ

我が家には、お店から「里親」として引き取った

キンカチョウが、4羽います。

ちょび
小さくて、「メメメメ」鳴いて、とても可愛い小鳥

文鳥よりも小さくて(うちのキンカは14g)、

「メメメメ」と、賑やかに鳴いては、ちょこまか動く姿が

とても愛らしい、キンカチョウ。

色や模様も色々あって、見ているだけで楽しくなります。

ちょび2
左:チョメ   右手前:チョゲ   右奥:メイ

ちょび3
この3羽は、とても仲良し

みんな初めは、お店のキンカチョウ達に羽をむしられ、禿げていました。

また、足の指が無いキンカチョウだったり、

元々体が丈夫じゃなさそうな、キンカもいます。

でもなんだかんだ、元気に過ごして今に至ります。

ちょび4
しばらく1羽暮らしだった、4羽目のキンカチョウ、「チョビ」

本当は、4羽一緒に暮らしてもらう予定だったのですが、

広い小屋に引っ越すまで、1羽暮らしをしたキンカチョウがいます。

1羽だけ、オスの「メイ」に苛められて、

床の上を逃げ惑っていた、キンカチョウ・・・。

その彼女が、唯一の「手乗り」キンカチョウ、「チョビ」です。

ちょび9
手の中にチョビっと収まる、小さな「チョビ」

現在のチョビは、見た目は普通です。ちょっと嘴欠けてますが。

ただ、飛ぼうとすると、真っ直ぐ飛べません。

後ろへ下がって飛んで行ってしまいます。

なので、逃げる時はいつも、床の上を走り回るだけ。

捕まえて、健康チェックと、撫で撫でを繰り返していたら、

手に馴れてくれました。

ちょび5
大人しくて優しく、賢い「チョビ」

チョビは、人間の声や物音に、一番早く反応します。

人間 「チョビ?」

チョビ 「メ!」

他のキンカ 「・・メメメ!」

物音 「ガタッ」

チョビ 「メ!」

他のキンカ 「・・メメメメ!」

こんな感じです。音に反応しているだけでしょうが、

「チョビ」という単語だけは、「呼ばれている」と認識していそうです。

「チョビ」と呼ぶと、

ハッと、顔をあげてキョロキョロするので・・・もしかしたら?

ちょび8
チョビ 「飛びたい・・・どっちへ飛んでみようかな・・・」

外に出すと、キョロキョロ辺りを見渡し、

ブブブブブ~・・・と、音を立てて飛んで行きます。

しかし、風に煽られたように戻ってきます^^;

その都度、キャッチしていますが、

大変というよりかは、楽しいと感じます。

ちょび7
キンカたち 「私たちは、人慣れしてないから、そっとしててね」 

小屋が大きくなってから、チョビも一緒に暮らしています。

「自由な空間」が増えた為か、

ほとんど苛められなくなりました。

メイとチョゲの子供が、2羽増えましたが(もう増やしません^^;)、

それでも苛められないので、今は安心してます。

め
いつの間にか作っていた、メイの最高傑作「愛の巣」

初めて会った時は、

健康で美しいキンカチョウに比べ、

体が小さく、あまりにボロボロでした。

確かに、現に足が欠けていたりするし、

お店にとっては「商品」にならないでしょう。

でもそんな、見向きもされない「原石」を磨いたら、

とても明るく、美しい「宝石」だとわかりました。


小さくて可愛い、キンカチョウ。

寿命は5年程と、短いみたいですが、

これからも悔いの無いよう、一緒に暮らしていきたいです。

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【タマちゃん日記】意外と痛い、タマちゃんの嘴

人間のホクロや、服の柄など、

気になったものは「とりあえず突く」、名古屋コーチンの「タマちゃん」。

時折、「突く」というより、ガスッと「咥える」事があります。

相方曰く、「咥えて、ひねって、ちぎる」感じらしいです・・・。

あぁ5
タマちゃん 「パパちゃま、遊んで」

ゴロゴロしている相方の元へやってきた、タマちゃん。

相方、軽くタマちゃんをあしらっています。

あぁ4
相方 「タマちゃん、後で遊ぶよ~」

タマちゃん 「タマは、今、遊びたいんでしゅ」

相方が無視するので、「服の柄」を突き始めた、タマちゃん。

あぁ6
相方 「ちょっと、タマちゃん、駄目!」

タマちゃん、だんだん「突き」が、エスカレートしてきました。

あぁ2
相方 「あうっ!」

あぁ3
相方 「あ”っ!い”い”ぃっ!!」

どうやら相方は、服と一緒に、

大事な「乳首さん」を突かれている模様・・・。

あぁ
同じところを突かれる、相方

冒頭で書いた、

「咥えて、ひねって、ちぎる」を体験し、悶絶しています。

「痛みの度合い」は、文章からは感じ取れませんので、

今回の「相方の表情」で想像して頂けると、幸いです。

あぁ7
タマちゃん 「パパちゃま、またね!」

ひとしきり遊んで、飽きてしまった様子の、タマちゃん。

倒れて動かない相方を残して、去っていきました・・・。

大きいオウムの「嘴の威力」に比べたら、

タマちゃんの「嘴」は、優しいと思いますが、

さすがに「急所」を突かれたら、

かなり痛いみたいです。


私は堪えた笑いを洩らしながら、写真を撮り続けましたが、

協力してくれた相方に、本当に感謝しています!

なんせ相方、タマちゃんに突かれながら、

「早く撮って!はやく撮って!!」

と、叫んで耐えていたのですから・・・。

しかし、やはりと言いますか、

相方はしばらく、プンスカしていました・・・^^;


また、タマちゃんと相方が活躍した時は、

よろしくお願い致します!

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【タマちゃん日記】少年がやってきた

ある日、名古屋コーチンの「タマちゃん」に興味を示した

小学校低学年くらいの少年が、やってきました。(保護者の方もいました)

少年が卵を欲しがったので、1つあげると、

卵をギュッと握りしめ、見つめたまま、

「ヒヨコ生まれるかな・・・?」

と、言ってきました・・・。

さんぽ4
オスがいないので、無精卵しか産まない、タマちゃん

タマちゃんは、「無精卵」しか産まないので、ヒヨコは生まれません。

なので、ここは正直に「生まれないよ」と、教えました。

さんぽ2
生まれないのに、少年の希望は膨らんでいく・・・

一応、生まれない理由も、簡単に説明したのですが、

「いや、ヒヨコを孵す」と、強い意志を示しました。

その反応にうろたえた私は、なんか勢いで、

「冷蔵庫に入れてたしな・・・」などと、ヘンテコな事を言い始めます。

それでも少年は、

こういう箱を作って、こうやって暖めて・・・と、計画を立てていました。

私は、少年の「好奇心」と、「夢」を見る気持ちに興味を示してしまい、

保護者の方に卵の事を説明して、(消毒済だけど、一応食べないで・・・とか)

少年にその卵をあげる事にしました。

しょうねん
タマちゃんの卵はどうなったのでしょう?

数日後、家のインターホンを鳴らして、少年がやってきました。

どうやら、卵を割ってしまったので、

「もう2個ちょーだい」・・・という、お願いをしに来たみたいです^^;

私は再度、「生まれる事は無いけど、いいの?」と、聞きました。

少年は、「それでもいい」と答えました。

・・・え?いいの?!

少年2
たとえ、ヒヨコが孵らなくても・・・

生まれない事を認知したうえで、それでも挑戦したいんだ・・・。

私はなんだか感心し、面白いものだな、という気持ちになりました。

少年は、2個の卵を握りしめ、ジーッと見つめ、

「今度はヒヨコ生ませる」と、言いました・・・。

この時私は、

・・・生まれないよー、生まれないよー、生まれないよー・・・

という、心の叫びに、もう一つ「閉まっていた本心」が上に重なり、

「そうだね、観察したり、挑戦するのは、とても楽しいよ!よし、頑張れ!」

と、声に出していました。

さんぽ5
子供の可能性は無限大 

たとえ、ヒヨコが孵らなくても、

その時の少年の好奇心や、チャレンジ精神や、夢は、

次の「夢を叶える力」に繋がっていくだろうと、信じて応援しました。

この経験をきっかけに、

挑戦する事や、観察する事の「楽しさ」を覚えたり、

動物に興味を示したりしてくれたら嬉しいな、と思います。


そして、

次に会う時は、どのような「成長」を遂げているか、

ひそかに楽しみにして、

のんびり待っていよう、と思っています・・・!

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ひな観察日記 ②】雛の名前は

セキセイインコの雛を育て始めて、約1か月。

そろそろ「名前」を付けようかと、考え始めました。

由来5
雛 「素敵な名前、考えてね!」

素敵な意味のある「名前」を付けたいなと、考えました。

しかし、なかなか思い浮かびません。

何かヒントを得ようと、

今まで、

インコ達の「名前」をどのようにして名付けたか、思い出してみました。

由来
「アイリス」です

我が家で初めて迎えた、オカメインコの、「アイリス」。

迎えたその日の、「誕生花」がアイリスだったので、付けました。

優雅な心、愛などの花言葉があるようです。

由来6
「シモン」です

2番目に迎えた、セキセイインコの、「シモン」。

当初、オカメの「アイリス」に苛められる、

「気の弱そうな」インコだったので、

昔々、イングランドの議会制度の基礎を作り上げた、

「シモン・ド・モンフォール」という、貴族の名前を付けました。

不当な権力に反抗する不屈の闘士として、英雄視されているとの事で、

シモンにも、体は小さいけど、

アイリスに負けない位「強いインコ」に育って欲しいと思い、付けました。

由来3
「ブンブン」です

3番目に迎えた、白文鳥の、「ブンブン」。

挿し餌の時、口から溢れた「あわ玉」を

ブンッ、ブンッ!・・・と、振り払っていたので、

「ブンブン」と名付けました。

由来2
「トントン」です

4番目に迎えた、マメルリハの、「トントン」。

迎えたその日の夜、

ホルモンの「とんちゃん」を食べに行き、

「マメルリハ」と「とんちゃん」の話で盛り上がった流れで、

「トントン」になりました。

由来7
「サザ」です

5番目に迎えた、サザナミインコの、「サザ」です。

「サザナミインコ」なので、「サザ」になりました。

由来4
さて、次はあなたの名前を決めますよ・・・!

雛 「ビクッ・・・」

由来8
雛 「なんだか、今のママちゃまに、名前を付けるセンスがあるようには・・・」

「名付けに期待が持てない」とでも、言うかのように、

顔を背ける、セキセイインコの雛。

一応、雛への想いを込めてつけます。安心してください。

・・・雛が将来、可愛い女の子になってくれたら嬉しいな・・・

と、未来への想いを寄せて・・・

シモンの子7
命名 「ヒナコ」

・・・どうでしょう、ヒナコ(ヒナ子)さん?

ヒナコ 「・・・いいけど、ヒナコ、男の子でしゅよ」

・・・・・・。


女の子と信じて(賭けて?)命名した、「ヒナコ」。

後に、「鼻の色」がオスの色に変化していき、発覚。

今も変わらず「ヒナコ」と呼んでいますが、

時折、

「ヒナコォ・・・ (ヒナコ男)」

と、呼んでしまうのでした。



ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【うちのインコ】サザナミ、アキクサ、ごはんを食べる

つい先日まで雛だった、サザナミインコ。

もう一人で食べれる筈ですが、まだ、挿し餌をねだります。

まだ欲しい2
挿し餌を奪い合う、サザナミインコ

ピポポ、ピポポ・・・と、可愛い声でねだるので、

1日1回、様子を見て与えます。

まだ欲しい3
下にいるサザナミ、潰されてますよ・・・

まだ欲しい
ガッガッガッ・・・ 「もっと食べたい~!」

そろそろ、完全に一人で食べれるようになってくれたら、有り難いのですが。

そうだ!豆苗美味しいから、食べてみたら・・・?

と、提案してみます。

とうみょう2
「わかったです。いただきましゅ!」

雛の頃一緒に育った、アキクサインコ先輩の中に入り込む、サザナミ。

とうみょう3
パクッ・・・。パクパクパク。 

どうやら、豆苗はお好みのようです。

すぐ、夢中で食べ始めました。

とうみょう6
「みんな、コレ美味しいでしゅよ!」

他のサザナミ兄弟たちが、集まってきました。

とても賑やかな、食事風景です。

とうみょう4
「なんだか、隣にある種も、食べたくなりましたでしゅ」

興味は、白い皿に入れている、皮付き種に向かいます。

でも、みんな一斉に食べに向かったら、大変だよ。

狭い4
アキクサインコ 「・・・・・・・・・。」

・・・ほら、食べ辛いでしょう。

狭い3
アキクサインコ 「ぐぬぬ・・・」

無理やり割り込んで食べる、アキクサ。

狭い
マイペースなサザナミと、迷惑そうなアキクサ

サザナミ 「美味しいでしゅ~、もう一人で食べれましゅ~」

アキクサ 「食べ辛いよ、どうしよう・・・」

狭い5
食べやすくする為の方法を考える、アキクサ

かくかく、じかじか・・・・・・ピーン!

狭い7
アキクサ 「・・・お母ちゃま!ご飯入れ追加!!」

狭い6
アキクサ 「問題解決!」

アキクサインコの「鶴の一声」により、

ごはん入れが増えて、食べやすくなりました。

いつの間にか、サザナミインコも皆、一人でごはんを食べています。


これからは、みんな仲良く、ごはんを食べれますね。

美味しく食べて、

今日も明日も良い1日を過ごして下さい^^


ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【タマちゃん日記】帰ってくるの、待ってました

家に帰宅した時の事です。

玄関前に、人間の帰りを待っていた、

名古屋コーチンの「タマちゃん」がいました。

待ってたよ5
な、なんか居る・・・

待ってたよ6
もう一つ、白い影が来ました。

いつも車の音か、足音に反応するのか・・・

はたまた、外から聞こえる飼い主の

「ただいま~!」の声に反応するのか・・・。

帰ってくると玄関前で、ニワトリと猫が、待機しています。

待ってたよ2
玄関のドアは、少しずつ、慎重に開けます。

みんな、「脱走」してやろうと、機会を伺っています。

奥に見える、猫の「レオ」は、プロです。オーラが違います。

待ってたよ4
タマちゃん 「パパちゃま、ママちゃま、おかえりなさい」

外に出たいけど、「今は出れない」とわかると、

素直に家の中に入っていく、タマちゃん。

待ってたよ
おチビ 「オ、オイラ、別に脱走しようなんて考えてないよ・・」

外に出れないとわかると、

「何も企んでません」という表情でお出迎えする、おチビ。

「プロ」のレオは、音も立てず静かに去っていきました。

競争
タマちゃん 「パパちゃま、待って~」

タマちゃんは、とにかく「人間」の後を追いかけます。

猫たち、いつの間にか、いなくなってますね・・・。

競争3
タマちゃん 「競争するでしゅ~!」 ぴょんっ。

競争2
タマちゃん 「タマちゃんの勝ち~!」 すたっ。

以前は、階段などの段差が苦手だった、タマちゃん。

勇気を出して1歩を踏み出したら、少しずつ慣れていき、

今では、ひょいひょい階段を上がり降りしています。

競争4
「タマね、パパちゃま達が帰ってくるの、待ってたんでしゅよ!」

タマちゃんは、人間が帰ってくると、

好物の食べ物をねだったり、人間の側で寛いだりします。

納豆8
タマちゃん 「次は、もっと早く帰って来てね」

好きな食べ物を貰い、遊び、時には甘える為、

タマちゃん含め、我が家の動物たちは

毎日、人間の帰りを待っていてくれるのでしょうか・・・?


本当の気持ちはわかりませんが、

出来る限り、「相手目線」に立って気持ちを考え、

誠実さを持って、一緒に暮らしていきたいな・・・と、

我が家の動物たちの「純粋な感情」に触れて、

そう、思うのでした。

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ひな観察日記 ②】どんな色の羽が、生えてくるのかな?

シモンユウ
お父さんの「シモン」と、お母さんの「ユウ」

初めて、セキセイインコの「雛」を育てた時の話です。

青色のセキセイインコから生まれた、雛。

どんな色の「羽」が生えてくるのか、とても楽しみでした。

シモンの子3
雛は、喰っちゃ寝の日々です

シモンの子4
雛 「むにゃ、むにゃ・・・おはようでしゅ」

生後約2、3週間位の雛です。

羽が少しずつ生え始めています。

お父さん、お母さん、どちらに似るのか、わくわくです。

シモンの子
雛、上から見た写真

ツンツンの羽を見ると、

白や黒っぽい色が、マダラに点在しています。

白は、きっと白い羽が生えて、

黒は、きっと黒か、青が出てくるんだ・・・!

と、予想したりして、羽が生えてくるのを待ちました。

そして、生えてきた感じが、下の写真です。

シモンの子6
白い羽が多いですね!

シモンの子5
雛 「ヒナの羽の色、綺麗でしゅか?」

お父さん、お母さんとは、違う印象の羽になりました!

少なめの青色は、「お父さんの色」を受け継いでいるみたいです。

とても、綺麗です。

シモンの子8
もっと生えてくると、こんな感じです

うんうん、綺麗、綺麗・・・^^

そして、元気に育ってくれて、嬉しいです。

・・・って、あれ?隣に誰かいる・・・?

シモンの子13
テバテバ 「ども、オキナインコの、テバちゃんで~す!」

セキセイインコの雛と一緒に育った、

オキナインコの「テバテバ」です。

テバちゃん、今日はセキセイインコのお話だから、

またいつか、テバちゃんを紹介するね・・・!

シモンの子20
雛 「そうでしゅ!ヒナが主役でしゅよ~」

雛の性格は、好奇心旺盛で、行動的です。

その性格、なんだか

「ヤンチャなお父さん」似になってきたな・・・と思いました。


次回は、

今までずっと、呼び名が「雛」だったので、

そろそろ、名前を考えないとな・・・

と、新たに頭をひねらす事になります。

名前考えるのって、楽しいんだけど、センスが・・・。


前回までの日記もあるので、宜しかったらご覧ください^^
【ひな観察日記 ②】 一話
【ひな観察日記 ②】 二話


ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ごはん】愛知の美味しい店・・・「麺屋 さくら」

愛知県半田市に、小さいお店ながら、

「これは・・・うま~^^」と思った、「つけ麺屋」があります。

その名も 「麺屋 さくら」。

めんや9
「極太麺」をアツアツのつけ汁に付けて頂く 「麺屋 さくら」

「濃厚つけ麺」

「カレーつけ麺」

「和だしつけ麺」

「味噌つけ麺」

の味付けが選べるみたいです。トッピングもあります。

めんや7
極太の麺、メンマ、水菜、肉、海苔

麺が極太で、かなり「コシ」があります。

何も付けず、麺をそのまま食べても美味しいです。

麺が美味しい!という、余韻が残りました。

めんや4
グツグツ煮立っている、つけ汁

出てきたつけ汁は、マグマのように煮立っていました。

味は、薄くなく、濃過ぎもせず、

どちらかというと「濃い味」が苦手な私は、丁度良いと思いました。

残ったつけ汁は、ご飯を入れて食べる事も出来ます。

お腹一杯で食べれませんでしたが、

きっと、ご飯とも相性が良さそうです^^

めんや2
こだわりの「食べ方」がある、「麺屋 さくら」

店内には、美味しく食べる為の「食べ方手順」があります。

まず麺を何も付けず1本食べて、次に薬味を入れずつけ汁に付けて食べて・・・・と。

麺をつけ汁にひたす加減や、薬味の有無によって、

色んな味を楽しむことができました。

美味しく、そして、「楽しく食べれた」のがとても良かったです。

めんや
味を噛みしめて頂けるよう、店内での「こだわり」もあります

店内は、落ち着いた音楽が流れ、店長さん達も落ち着いた雰囲気があります。

ゲームや動画再生などの音は、消音に。

携帯電話での通話もご遠慮願います。・・・と、徹底している感じです。

しかし、食べていると、

麺のコシ、つけ汁の味、「食べ方手順」で得られる様々な味比べを

静かに、じっくりと味わいたい気持ちになります。

そうなると、この「落ち着いた雰囲気」が

一番美味しく食べられる環境なのだと、自然と納得してしまうのでした。

めんや3
これは・・・

コルクボードに、「名刺」がたくさん貼られていました。

「萌え系」イラストの名刺が、圧倒的に多かったですが、会社の名刺もありました。

食べに来た人が、「足跡」を残していくのですね!

店とお客様の一体感も得られ、面白いな~と、思いました。

めんや5
「おかえり・・・え?名刺がお土産・・・・?食べれないじゃん!」

お店の「外観」を撮り忘れて、「お腹いっぱい満足」で帰って来てしまいました。

代わりに、相方が持って帰ってきた「名刺」で

改めて、「麺屋 さくら」を紹介します。

めんや6
「これは・・・名刺の外観でしゅね・・・」

わざわざ、遠いところから足を運んで下さる

常連様もいるみたいです。

落ち着いた店内で、

つけ麺の「味」をひたすら「追求」するのも、楽しいと思います。


機会があったら、一度、「麺屋 さくら」に

「名刺」を持って、

足を運んでみては、いかがでしょうか?^^

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ねこ】平和な生活

猫の「おチビ」と「レオ殿」、そして、

名古屋コーチンの「タマちゃん」が、一緒に散歩をしていました。

どいて下さい2
後ろがつかえてます。

縁側の窓から外を見つめる、レオ殿(少し見ずらいですが、います)。

そんなレオ殿を待つ、おチビ。

更に、おチビが塞いでいる「通り道」を通りたくて待つ、タマちゃん。

どいて下さい3
レオ殿 「おチビ、そこに居ると、通りずらいよ」

おチビ 「え・・・オイラはただ・・・」

どいて下さい
タマちゃん 「おチビが通してくれないから、こっちから行きましゅ」

おチビ 「オ、オイラ・・・レオ兄ちゃんを待ってただけだよ・・・」

のんびり屋でお人好しな、おチビ。

周りを気にせず、皆の「通り道」を塞いでいた事によって、

少し悲しい扱いを受けてしまいました・・・。


それを見て、面白がって、写真なんか撮っている私ですが、

こんな平和な「生活空間」を提供してくれる動物たちに、

感謝の気持ちでいっぱいです。


これからも、「小さな出来事」で笑わせてもらいたいと思います。



ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ひな観察日記 ②】セキセイインコの雛、巣上げ

去年、我が家で初めて、

「セキセイインコ」の雛が1羽生まれました。

雛は、2羽の「お母さん」に大切に育てられ、

2週間程で、人間の手で育てられる事になりました。

すあげ7
ユウ 「私が、雛の生みの親です」

藁で作ってある「巣」の中に、

「ピンク色」の物体が見えますでしょうか?

この物体が、生まれて間もない、セキセイインコの「雛」です。

すあげ2
ツルツルの、裸の赤ん坊です。

すあげ9
数日後。まだ、目が開いていません。

すあげ10
雛はとても小さいので、恐る恐る、優しく触らせてもらいます・・・。

まだ羽の生えていない、裸の雛を触ると、

「皮膚」が、まるで「ゴム」のような触感でした。

ヨチヨチと動いています。

小さく手に伝わる、雛の体温の「ぬくもり」が、

「あぁ、生きているんだな・・・」と、実感させられました。

すあげ8
2羽の「お母さん」。

生まれた時から一緒に暮らしている「延長線」で、

子育ては、セキセイインコの「ユウ」と、

ボタンインコの「ボンボン」が行いました。

すあげ3
ボンボン 「ユウと子供は、私が守る!」

見ていると、2羽は子育ての「役割分担」をしていました。

「ユウ」は、巣の中で、雛を温め、

ボンボンからの「吐き戻し」で食事をとり、

またそれを、雛に食べさせているようでした。

「ボンボン」は、ユウと雛にご飯を運ぶのと、

巣の前に立って、「見張り」をしていました。

また時折、ユウに「羽づくろい」をねだりに行っていました。

雛は大事だけど、

「たまには自分の事も構ってほしい」、ボンボンです。

すあげ4
約2週間後・・・

雛を人間の手で育て、「手乗りインコ」にする為、

巣から雛を取り出します。

すあげ11
ギロッ!

すあげ5
ボンボン 「あっち行って!」
 
すあげ6
ボンボン 「噛むよ!噛んじゃうよ!本気噛みするよ!!」

こう、必死に「雛を守る」姿を見ると、心が痛みます。

ただ、雛を取り出すと、初めは

「あれ?・・・雛・・・あれ?」という感じで、

カゴの中をウロウロするのですが、少し時間が経つと

いつも通りの雰囲気に戻っています。

他のインコも同じ感じなので、

過酷な自然界を生きる、鳥の「本能」なのでしょうか?

不思議です。

すあげ13
取り出した、「セキセイインコ」の雛

ピンクの肌も隠れ、白い「わたわた」と、

白い羽が、少しだけ出てきています。

セキセイインコは、色んな羽の色や、模様があるので

この雛の成長が・・・特に「羽の色」に対し、

とても楽しみだったのを覚えています。

すあげ12
忘れ去られた「父」、シモン。

ボタンインコの「お母さん」がいたので、

結局最後まで、育児に参加しなかった、父、シモン。

「子育て?なにそれ、美味しいの?」

と言っているかのように、毎日呑気に遊び、

子育て中のユウに、「ラブコール」を送っていました・・・。


次回は、雛を中心に日記を書いていきます!

それでは、また^^





ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ひな観察日記 ②】私たちが、セキセイインコの雛、育てます。

去年初めて、「セキセイインコ」の雛が、1羽生まれ、

無事育ちました。

父親の名は、「シモン」。

母親の名は、「ユウ」。

そして、もう1羽の母親の名は、「ボンボン」です。

シモン9
こんなに美しい、セキセイがいるんだ・・・!と、衝撃を受けた、数年前。

我が家のインコ達の中で、2番目にお迎えした、

セキセイインコの、「シモン」。

とても美しい、水色の羽を持ち、そして、

とても元気な「男の子」に育っていきました・・・。

しもん
シモン 「モユちゃん、とても可愛いね!」  モユ 「・・・・・・。」

シモンは、お年頃になると、

アキクサインコの「モユ」に、恋をしました。

シモン10
シモン 「モユちゃん、好き、好き~」  モユ 「ギイヤアアアァァァ!」

シモン11
モユ 「ギイヤアアアァァァ!」   クロちゃん 「何してるでしゅか?」

アキクサインコの「モユ」、

シモンの直球すぎる「求愛」を相当嫌がっています。

シモン、これが初めての「失恋」でした・・・。

シモン7
「もう恋なんてしない」なんて、言わないよ絶対

「切り替え」の早い、シモン。

インコの中では「しっかり者」の、「ユウ」に出会います。

彼女が、後の「お嫁さん」です。

シモン6
シモン 「すきすきすきすきすき、好き!」  ユウ 「しつこいわね」

シモン、相当惚れ込んだのか、イケる見込みがあったのか、

押して、押して、押しまくりました。

初めは逃げ回っていた、ユウも、だんだん惹かれていきます。

そして、2羽は夫婦に・・・・・・・。

シモン4
初めての、第一子。

シモン3
ユウ、「母」になりました。

ある日、かすかに「ピロロ、ピロロ・・・」という声がするので、

「愛の巣」を覗いてみたら、1羽、雛が孵化していました。

ユウは、とても真剣に、大事に雛を育てています。

立派な「母」です。

シモンも、さぞ立派な「父」になった事でしょう・・・・・・

シモン5
ひょこっ。

???!

シモン2
ボンボン 「私が、ユウの本当のパートナーでしゅ!」

実はユウ、雛の頃から一緒に育って、

そのまま「ペア」になった「最愛」のボタンインコ、

「ボンボン(女の子)」と一緒に暮らしています。

なので、卵の抱卵から子育てまで、

この「2羽のお母さん」が、一生懸命行いました。

シモン13
シモン 「ユウ!大好きだよ~、ユウ~!ユウ~、ユウ~・・・

一緒に「子育て」を出来なかった「父」、シモン。

代わりに、「しっかり者」のセキセイインコと、ボタンインコが、

上手に育ててくれるのでした。


これから書いていく、【ひな観察日記 ②】は、

「セキセイインコ」の雛のお話です。

よろしかったら、また、ブログを覗きに来てください^^


ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【PBFD・グレちん日記】グレちん、病気を片っ端から、やっつける

最近のグレ3
現在の、グレちんです

大型セキセイインコの「グレちん」は、

今は何事もなく、元気に過ごしていますが、

「PBFD」という、病気を持っています。

免疫力が落ち、羽が抜けたり、嘴に異常が出たり、

二次感染で命を落としてしまう事があります。

【PBFD・グレちん日記】は、

グレちんと私が、過去に体験した事を不定期で綴っています。

同じ病気のインコと暮らしている方も、そうでない方も、

「へぇ~」位に留めて読んでいただければ・・・と、思います^^

グレ日記
最初は「虫かご」に隔離されて暮らした、グレちん

PBFDによる、免疫力低下が原因の「細菌」か、

元々「細菌」を持っていたのか・・・グレちん、

過去に3回、「糞便検査」でひっかかりました。

糞から検出された、「細菌」の名は

「マクロラブダス(AGY)(メガバクテリア)症」。 

胃の調子が悪くなり、

「消化不良」が起きたり、「胃炎」になるみたいです。

グレ日記2
PBFDで羽が抜け、メガバクテリアに感染し・・・グレちん!!

不運が続く、グレちん。

しかし、グレちんは強運の持ち主なのか?

3回襲ってきた「細菌」は、全て「初期段階」で発見され、

「お薬パワー」の手助けで、どれも1週間程で、治してしまいました。

グレ日記4
グレちん 「インコは具合が悪くても、ギリギリまで隠すから、察してね^^」

初期段階で病気が見つかったのは、偶然の割合が高いですが、

なんとなく観察していると、どこか、「あれ?いつもと違う気が・・・」

と、感じるものがありました。

samuigure.jpg
微々たる「違和感」ですが、それがまた、当たる事もある・・・

感じた「違和感」は、

「羽を膨らませ寒そう」にしている、「体重減少」、

「いつもより多く、羽が抜ける」・・・・・でした。

病院の先生が言うまで、気付かなかったのは、グレちんの「体温」・・・。

後から、インコの「足の体温」で比較したのですが、

グレちんの足は、他のインコよりあまり暖かくありませんでした。

後にそれも、体調の回復と共に、解決しました。

最近のグレ2
グレちん 「嫌な病気を、片っ端から、やっつけますよ!」

グレちんを「観察」したり、

偶然でも、「初期症状」の内に治療できたのは、良かったと思います。

体の違和感、糞の違和感・・・「あれ?」という直感は、

意外と当たっているかも・・・?

そして、なんといっても、

病気を片っ端からやっつけていった、

グレちんの「生きたい」と思う「力」があるからこそ、

「今」があるように感じます。


これからも、何が起きるかわかりませんが、

グレちんとは、長く、一緒に居たいなと思っています!

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ごはん】相方が、卵料理を作ってくれました。

我が家の名古屋コーチン、「タマちゃん」が生んだ卵で、

「卵料理」を作ってくれると言う、相方。

久々に、相方の「手料理」が食べれます!

目玉9 001
さて、何を作ってくれるのでしょう。

目玉3
タマちゃんの生んだ卵が、4つ。

目玉4
市販の卵パックに入れてみました。売ってそうです。

タマちゃんは、日によって、生んだり生まなかったりします。

今回は、毎日1個ずつ生んで、4個溜まりました。

相方・・・全部使うの?

目玉9
相方「ちょっと待っててね~」

小さいフライパンを温め、準備完了!

目玉5
ジャン!

目玉
ジャジャン!

目玉2
じゃ~ん・・・・

久々に作ってくれた、相方の「手料理」は、

シンプルな「目玉焼き」でした・・・!

目玉7
ホントに、目玉焼きのみ。

お米もパンもサラダもなく、「目玉焼き」のみを頂きます。

市販の卵と、比較が出来る程の「舌」は、持っていませんが、

とても美味しかったです。

ぜえぜえ
タマちゃん 「卵生んだタマちゃんには、何かないの・・・?」

毎回、顔を真っ赤にして、卵を生んでいる、タマちゃん。

そんなタマちゃんには、カルシウムをあげます。

目玉8
卵の殻。

タマちゃんには、自分の生んだ、「卵の殻」でカルシウム摂取。

意外と、食いつきが良くて、驚きました。

卵の「中身」も、人間が食べない「殻」も、

無駄なく使い切れて、嬉しいです。


相方の「手料理」は「目玉焼き」1本でしたが、

「卵の味」が堪能できて、良かったです。シンプルが一番?

また、作ってもらおうと思います^^

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【タマちゃん日記】タマちゃん、産卵の様子・・・その②

未だ、卵を産むために、人間の寝室に移動する

名古屋コーチンの「タマちゃん」。

さんらん2
タマちゃん 「おはようございます、ママちゃま」

タマちゃん・・・どうしても「ココ」がいいんだね。

さんらん10
タマちゃん 「あぐぅ・・・あふぅ・・・!」

グウゥゥゥ、ギュウゥゥゥ・・・と、卵を出すために力んでいます。

定期的に、開口呼吸もしています。

自分の一番しやすい「呼吸法」を探し、卵を産むため「頑張る姿」は、

見ていて「冷や冷や」する反面、「尊敬の念」も生まれてしまいます。

さんらん3
タマちゃん 「・・・お、キタ、来た…!」

さんらん8
タマちゃん 「よいしょ・・・」

そろそろ生まれそうです。

おもむろに立ち上がる、タマちゃん。

さんらん
タマちゃん 「さあ、いきましゅよ・・・!」

さんらん6
タマちゃん 「フンッ!」

さんらん4
コロ。

静かに卵が出てきました。

ポン!という音はしません。

生む前に大きく膨らんだ体は、生むと同時に萎んで、

産卵の疲れが取れるまで、萎んだ体勢のまま、休んでいます。

さんらん7
タマちゃん 「生まれた?生まれた?」

さんらん9
タマちゃん 「生まれたでしゅね?」

タマちゃん、生まれた卵を何度も確認しています。

確認しては突き・・・を数回繰り返していました。

さんらん5
タマちゃん 「では、ごきげんよう・・・!」

体も落ち着き、その場を立ち去る、タマちゃん。

卵は、「竹酢液」と「熱湯」で消毒し、冷蔵庫へ・・・。

後で美味しく頂きます!


少し前に、タマちゃんを横から見た、産卵写真を載せています。

角度違いですが、良かったら、見てみて下さい^^

    ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
【タマちゃん日記】タマちゃん、産卵の様子
      

これからも、我が家の看板娘

名古屋コーチンの「タマちゃん」を

よろしくお願いします^^

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【うちのインコ】仲良し3羽、記念撮影

オキナインコの 「テバテバ」。

オカメインコの  「トニ」。

コガネメキシコインコの 「サンサン」。

ある日、「仲良し3羽組」が可愛くて、記念撮影をしました・・・が・・・。

三人トリオ3
左から、「テバちゃんでーす」  「トニちんです」  「サンだよ」

実は、上の「仲良し」写真が撮れるまで、この3羽、

写真の「中央」を巡っての、トラブルが耐えませんでした・・・。

三人トリオ9
トニちん 「オイラが中央です!」

物怖じしない「トニちん」は、自分が中心で写真を撮りたい様子。

ホントは中央が良かった「テバちゃん」。少し不満気です。

三人トリオ2
テバちゃん 「テバちゃんにも、中央行かせてよ!」

素直な「テバちゃん」、本心を訴えたら、トニちんに睨まれます。

イヤな予感を察した「サン」、2羽を様子見です。

三人トリオ6
サン 「まあ、まあ、一度話し合おうよ」

トニちんと、テバちゃんが喧嘩を始めました。

細かい事は気にしない「サン」が、仲裁に入り、

「話し合い」を提案します。

三人トリオ
かくかく、じかじか・・・

三人トリオ5
話し合い終了。

トニちん 「この位置で、良いですね?」

サン 「オイラは、別にいいよ」

テバちゃん 「・・・さっきと変わらないじゃん・・・」

三人トリオ4
ハイ、チーズ!(イエィ)

テバちゃん「・・・・ムス~・・・・」

三人トリオ13
再び、険悪なムードに・・・

トニちん 「なんですか?文句あるですか?」

テバちゃん 「・・・だって・・・」

サン 「撮影会終わったから、おやつ欲しい」

三人トリオ7
喧嘩勃発

トニちん&テバちゃん 「◎×△※◆□×~・・・・!!!」

サン 「パパ様、おやつ~」 スリスリ・・・

三人トリオ10
相方 「ほらほら、喧嘩しないで~・・・」

見かねた相方、

「仲良く写真撮ったら、いっぱい遊ぼうね」と、なだめます。

三人トリオ11
ギロリ・・・

「パパ様がそう言うなら・・・」と、しぶしぶ納得した様子の、2羽。

その後、1枚だけ、仲良さげな写真を撮らせてくれたのでした。

・・・その夜・・・

三人トリオ12
サン「まだ、不満なの~?」

サンを挟んでまだ険悪な、トニちんと、テバちゃん。

2羽が仲直りするまで、サンは「板挟み」状態です。

三人トリオ8
「サン兄ちゃ~ん・・・」 ぴと~・・・

時間を置いて、仕切りドア越しに、こっそり覗いて見たら、

サンを挟んで、ぴと~・・・と身を寄せ合い、3羽一緒に寝ていました。

3羽が仲良くいられるのは、

「細かい事は気にしない」精神の、サンサンのおかげかもしれません・・・。


次は、もっと「仲良し」な写真を

撮らせてくれたら嬉しいな、と思います^^

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!

【ひな観察日記】アキクサ、サザナミ、巣立ち【最終回】

カテゴリにある、【ひな観察日記】で紹介していた、

アキクサインコと、サザナミインコの雛は、みんな無事

巣立ちました。

あきさざ9
最初は、ガラスケースで生活した、ヒナ達。

さざあき7
現在のお家。

下から上の枝へ、羽ばたいて移動できる空間を確保し、

また、好きな所へ歩けるよう、長い枝を数本、置きました。

ついでにオモチャも。

さざあき
「太さ」と「素材」の違う枝を数本。「お気に入り」はどの枝?

さざあき4
太い枝が、お気に入りでしょうか・・・?

さざあき6
アキクサ、こんぱまるで買った、太い枝に移動。

アキクサインコも、サザナミインコも

思い思いの場所で遊んだり、休んだりしています。

見ていると、

少しザラザラで、ガッシリした「太い枝」が、一番人気に見えます。

さざあき3
みんな、思い思いの場所にいます。

さざあき5
枝の上のアキクサ、網にへばり付く、サザナミ。

さざあき2
種類も違えば、行動も違う、2種のインコ。

アキクサインコは、枝から枝へ飛び移っては、

気になるものを齧ったり、羽づくろいをしています。

動きも細々、素早い印象です。

サザナミインコは、網をよじ登っては、よじ登ったまま首を伸ばし、

気になるものを齧ったり、羽づくろいをしています。

動きもまったり、のんびりした印象です。

さざあき8
これからも、僕たちインコの事、大好きでいてね!

雛時代から今に至るまで、様々な「違い」を見せてもらいました。

体の違い、行動の違い、性格の違い・・・全てが面白いです。

これからも、【観察日記】が書けるよう、

無限大の好奇心を持って、インコと触れ合っていこうと思います。


【ひな観察日記】を読んでくれた方、どうもありがとうございました。

読んでいない方も、気が向いたら、カテゴリに

【ひな観察日記】があるので、覗いてみて下さい^^

引き続き、コツコツ真面目に「インコのせんきち」を作っていきたいと思います。

よろしくお願いします^^

ランキングも面白そう?良いご縁がありますように!
プロフィール

いつかいち 

Author:いつかいち 
インコのブリーダーをしたいと考えています。
現在、愛知県在住です。

ブリーダーするなら、せめて
自分も相手も、良い意味での
「学び」を
得られたら良いなと思っています。

ブログも、100個記事を書いたら、
1つ、誰かにとって役に立てば、
有意義です。

広い視野を持って物事を考え、
そして、
感謝の気持ちを忘れないよう
ブログを作っていきたいです。

よろしくお願いします^^

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。